メイン画像
0歳からはじめるむし歯予防システム
新着情報
お口ぽか~んとインフルエンザの関係 2017.12.23更新

こんにちは、もりわきデンタルクリニックです。

もうすぐクリスマス、年末、お正月と楽しいイベントが盛り沢山ですね♪

それと同時に、保育園・幼稚園・小中高とインフルエンザが大流行する時期でもあります…(^^;)

楽しいイベントの時にインフルエンザになってしまうと、残念ですよね…!

さて、毎年大流行になるインフルエンザの予防法について2016年12月の記事ですがとても興味深いものがありました!

 

あいうべ体操とインフルエンザ から下記の記事を引用しています。

12月3日の「世界一受けたい授業」で「あいうべ体操」が紹介されました。

「あいうべー体操」とも呼ばれますが、「あいうべ体操」とは、福岡市の今井一彰先生が推奨しているいびきやほうれい線、インフルエンザに効果的な体操です。

小顔にも効果が絶大な体操で、口呼吸をやめて鼻呼吸をしようということです。

いびきや、ほうれい線、小顔でお悩みなら、この「あいうべ操」やってみませんか?

他にも、リウマチとか歯周病、アトピーにも効果がある言われています。

 

ココマデ。

当院の患者様の中に、「子供がお口をぽか~んと開いている事が多い」というお悩みを持った親御さんがいらっしゃいます。

このお口ぽか~んな状態とあいうべ体操はとても深い関係があり、普段からお口が開いている口呼吸の子供さん(成人も)にとても効果的な体操なのです。

お口で呼吸をしていると、口の中が乾燥して、悪いウイルスが侵入し風邪をひきやすくなったりインフルエンザにかかりやすくなります。

お口ポカンだとインフルエンザにかかりやすいだけでなく、鼻腔=上顎骨幅が狭く歯並びが悪くなります。

お鼻で呼吸する事がどれだけ大事かという事も上の記事に書かれています。

このあいうべ体操はお口の周りの筋肉を鍛える運動ですので、1日30回程度行う事が推奨されています…!

当歯科医院では虫歯の予防や治療は勿論、こういったお口の周りの筋肉を鍛える運動や食育など、幅広く患者様にお伝えしています!

気になる事がございましたら是非ご相談下さい♪

お待ちしております(^^)


Page Top